So-net無料ブログ作成
検索選択

ニキビに似た皮膚病

ニキビに似た皮膚病に注意です。
ニキビだと思いいろいろニキビケアーしたけどなかなか良くならない。
そんな場合、もしかしたらカビが原因の皮膚病かもしれません。
ニキビに似た皮膚病はマラセチア毛包炎と言います。

マラセチア毛包炎とは

*************************************************************
皮脂に棲みついている常在菌のマラセチアが毛包内、つまり毛穴
増殖し、胸や背中、肩、上腕にニキビのようなブツブツ(紅色丘疹)や
膿胞を作り、かゆみをともなう炎症を起こします。

マラセチア毛包炎は、症状が似ているニキビと勘違いされ、自分の
判断で誤った治療をしたり、放置したりすることが多々あります。

そのため、長期化する事例も少なくありません。

またこのカビは、胸や背中、ワキの下、首などに白色や褐色の斑が
できる『癜風(でんぷう)』や、頭皮に慢性的なかゆみやフケをもたらす
『脂漏性皮膚炎』の原因にもなります。

ニキビと違って自然治癒しにくいので、このような症状が見られたら
自分で判断せず、皮膚科で判断してもらうようにしてください」

                      (Yaooニュースより引用)

**************************************************************
常在菌として住み着いているマラセチアですが、マラセチアは
皮脂や湿気が多くあると増殖するため、汗をたくさんかいた場合、
肌を清潔にしましょう。

マラセチアはカビですから抗真菌剤の治療となります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

Copyright © ニキビケア・ニキビ対策 All Rights Reserved.
需要供給

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。