So-net無料ブログ作成
検索選択

ニキビ跡と角質肥厚

ニキビ跡の大敵となるのは「角質肥厚」です。

■お肌が硬くなる角質肥厚とは?

ニキビ跡が長く残るお肌は、たいてい硬くなってしまっています。


古い角質が表面にたまってお肌が乾燥し、
硬くなることを「角質肥厚」といいます。

毛穴がふさがれることで雑菌が繁殖しやすいことから、
ニキビが悪化しやすい状態となるのです。



またターンオーバーもうまくいかなくなり、
1度できたニキビが修復されずに長く残ってしまいます。



角質肥厚を起こしているお肌を柔らかくするためには、
ヒアルロン酸やセラミドなど、保湿効果の高い成分を
たっぷり含んだ化粧品で、日常的に保湿をすることが
第一です。

角質肥厚を起こす原因としては、
普段の生活で何気なくおこなっているさまざまな行動も
考えられます。


1.洗顔のしすぎ、洗浄力の強い洗顔料の使用
毎日おこなう洗顔は、お肌に大きな影響を与えます。


特に洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を頻繁に使ったり、
ゴシゴシとこすって洗う習慣のある人は危険です。


角質層を必要以上に剥ぎ取ることで、
肌が防御のために角質肥厚を起こします。



洗浄力の強い洗顔料は、落ちにくいメイクをした日だけ使うようにし、
普段はマイルドなクリームタイプのものなどを使用しましょう。


洗う際も泡でふんわりと洗い上げるようにします。
また朝の洗顔は、素洗いで十分でしょう。



nice!(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

Copyright © ニキビケア・ニキビ対策 All Rights Reserved.
需要供給

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。